陸上競技部 陸上競技部

2014年11月アーカイブ

第4回 中国実業団長距離記録会(大会結果)

  • [ 大会予定 ]
  • 2014年11月25日

 11月22日(土)呉市にて,「第4回中国実業団記録会」が開催され,
当社陸上競技部の選手が出場しました。

 10000m2組目は,田中選手が積極的に先頭に立ち,レースを引っ張りました。
最後の1000mで離されましたが総合で10位になり,兼実選手も自己記録で12位になりました。

 10000m3組目は,ディランゴ選手がペースメーカーをする中,28分台が狙えるレースを進めていき,
8000mから独走となった米澤選手がトップでゴールしました。
竹内選手は終盤粘り総合11位,刀祢選手は46位と本来の走りができませんでした。

 ご声援いただき,ありがとうございました。

順 位 選 手 名 記 録
1位 米澤 類(中国電力) 28分48秒20
2位 飯沼 健太(SGホールディングスグループ) 29分00秒70
3位 松岡 鉱司(マツダ) 29分03秒93
10位 田中 宏樹(中国電力) 29分16秒41
11位 竹内 一輝(中国電力) 29分22秒72
12位 兼実 省伍(中国電力) 29分23秒25(自己新)
46位 刀祢 健太郎(中国電力) 31分23秒00

第53回中国実業団対抗駅伝競争大会(大会結果)

  • [ 大会予定 ]
  • 2014年11月17日

 11月16日(日)世羅郡世羅町にて,「第53回中国実業団対抗駅伝競走大会」が開催され,

当社陸上競技部の選手が出場しました。

 1区の藤森選手は,ラスト2kmでスパートし,後続を13秒離す区間賞の走りでトップでタスキを渡すと

2区の山崎選手は,外国人選手相手に互角の走りを見せ,トップのマツダと16秒差の3位でタスキを繋ぎました。

3区の石川選手は,JFEスチールの高瀬選手を選手を抜くものの,トップのマツダには39秒離されてしまいました。

4区の岡本選手は,前半から積極的な走りでマツダに3秒差と迫ると,5区の清谷選手が区間新記録の走りで,

後続を1分近く離し,トップでタスキを渡しました。

6区の森本選手は,終始安定した走りで後続を引き離すと,7区の出岐選手は更に差を広げ,区間新記録の走りで

見事優勝のゴールテープを切りました。

これで18年連続19回目の優勝を果たすと共に,元旦に行われるニューイヤー駅伝の切符を手にしました。

 ご声援いただき,ありがとうございました。

順 位 チーム名 記 録
1位 中国電力 4時間05分24秒
2位 マツダ 4時間07分35秒
3位 JFEスチール 4時間10分58秒
4位 中電工 4時間11分12秒
5位 武田薬品 4時間26分49秒
6位 自衛隊山口 4時間32分34秒

 

区 間 距 離 選 手 名 記 録 区間順位 通過順位 備 考
1区 13.0km 藤森 憲秀 38分48秒 1位 1位 区間賞
2区 7.2km 山崎 亮平 20分09秒 3位 3位  
3区 11.6km 石川 卓哉 35分29秒 2位 2位  
4区 9.5km 岡本 直己 27分17秒 1位 2位 区間賞
5区 9.5km 清谷 匠 28分03秒 1位 1位 区間賞・区間新
6区 19.0km 森本 卓司 57分33秒 1位 1位 区間賞
7区 13.0km 出岐 雄大 38分05秒 1位 1位 区間賞・区間新

 

2014_中実駅伝(1区:藤森).jpg

2014_中実駅伝(2区:山崎).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1区 藤森選手(左) 2区 山崎選手(右)

 

2014_中実駅伝(3区:石川).jpg

2014_中実駅伝(4区:岡本).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3区 石川選手(左) 4区 岡本選手(右)

 

2014_中実駅伝(5区:清谷).jpg

2014_中実駅伝(6区:森本).jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5区 清谷選手(左) 6区 森本選手(右)

 

2014_中実駅伝(7区:出岐).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7区 出岐選手

第52回 広島県実業団駅伝競走大会

  • [ 大会結果 ]
  • 2014年11月 5日

 10月26日(日)岡山県笠岡市にて,「第52回広島県実業団駅伝競走大会」が開催され,

当社陸上競技部の選手が出場しました。

 1区の藤森選手が区間賞の走りで幸先のいいスタートを切ると,2区の山崎選手もその

勢いを引継ぎ,マツダのアッパイネ選手に抜かれるも,2位でタスキを渡しました。3区の

清谷選手はマツダを抜くものの,JFEスチールのディランゴ選手に抜かれ2位のままタスキ

を渡すと,4区の森本選手はマツダの山本選手の区間新記録の走りで,3位まで順位を

落としました。5区の兼実選手はマツダを抜いて2位に上がるも,トップのJFEスチールに

離されてしましました。トップと29秒差でタスキを受けた6区の池淵選手は,序盤から攻めの

走りでトップを追いかけると,2km付近でJFEスチールに追いつき,最後は9秒差をつけて,

見事優勝テープを切りました。11月の中国実業団駅伝大会に向けて,勢いのつく大会となりました。

 ご声援いただき,ありがとうございました。

 

順 位 チ ー ム 名 記 録
1位 中国電力 2時間18分38秒
2位 JFEスチールA 2時間18分47秒
3位 マツダ 2時間19分38秒
4位 中電工A 2時間21分10秒
5位  JFEスチールB 2時間22分57秒
6位 中電工B 2時間23分17秒

 

区 間

選 手 名

距 離

記 録

個 人

通 過

備 考

1区

藤森 憲秀

6.20km

17分49秒

1位

1位

区間賞

2区

山崎 亮平

6.60km

19分05秒

3位

2位

 

3区

清谷 匠

11.66km

35分00秒

2位

2位

 

4区

森本 卓司

6.60km

19分16秒

2位

3位

 

5区

兼実 省伍

10.54km

32分02秒

3位

2位

 

6区

池淵 智紀

5.25km

15分26秒

1位

1位

区間賞

 

  2014_県実駅伝(1区:藤森).JPG    2014_県実駅伝(2区:山崎).JPG

         1区 藤森選手                2区 山崎選手

 

  2014_県実駅伝(3区:清谷).JPG    2014_県実駅伝(4区:森本).JPG

        3区 清谷選手                4区 森本選手

 

2014_県実駅伝(5区:兼実).JPG    2014_県実駅伝(6区:池淵).JPG

       5区 兼実選手                 6区 池淵選手