陸上競技部 陸上競技部

大会結果の最近のブログ記事

【MGC出場権獲得】 東京マラソン2019(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2019年3月 3日

 2019年3月3日(日)東京都にて開催されました、

東京マラソン2019大会に、チーム新主将の藤川拓也選手が出場しました。

 東京都庁を出発し、東京駅をゴールとする今回のコースは

2017年にコース変更したばかりで、記録の狙える高速コースとも言われています。

藤川選手もMGCの出場権(※)を獲得するため、好タイムを狙ってレースに挑みます。


 スタート前から終始雨が降っていた今回のレースは、

気温6度前後と真冬並みに低く、悪条件の中行われました。

 外国人選手を先頭にハイペースで展開されるレースに、日本人選手も何人か食らいついていきます。

そんな中、藤川選手は自分のペースでレースを進め、機会を待ちます。

 30kmを過ぎたあたりで日本人トップ集団を捕らえ、3位まで順位を上げますが、

芯から冷え切った体はレースを厳しいものにしていき、そのまま我慢する展開に。

その後一時は2位まで順位を上げますが、最終、日本人3位 総合7位でのゴールとなりました。

 藤川選手自身、好タイムを狙っていただけに悔しさの残るレースとなりましたが

無事にMGCの出場権を獲得することができました。

今回のレースにより、チームからは2人目のMGCファイナリストがでました。

ご声援いただき、ありがとうございました。

※MGC:マラソングランドチャンピオンシップの略称(2020東京五輪マラソン日本代表選考会)


【クレシ゛ット:中国新聞社提供】藤川-1.jpg(提供:中国新聞社)


20190303_東京マラソン(取材).jpg(インタビューを受ける藤川選手)



20190303_東京マラソン(受賞者オフショット).jpg(MGCファイナリストオフショット)

第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2019年1月 4日

 2019年1月1日、群馬県庁(群馬県前橋市)を発着点とする、

第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会(通称:ニューイヤー駅伝)が開催され、

当チームは、田幸新監督のもと8位入賞を目標に大会に挑みました。

 1区を任されたのは、北魁道。

インターナショナル区間である2区に外国人選手がいない当チームは、

1区で良い流れをつくりたいところ。しかしトップと41秒差でのタスキ渡しに。

2019NY_1区:北.jpg

 続く2区の山崎亮平は、日本人トップで巻き返しを見せて欲しいところですが、

流れを変えることはできず、全体の32位で3区、藤川へタスキをつなぎます。

2019NY_2区:山崎.jpg

 トップと2分差でスタートした3区、藤川拓也。

駅伝の流れがなくなったチームに、浮上の流れをつくります。

ひたすら前を追う展開となりましたが、12人を抜き区間5位の力走を見せました。

2019NY_3区:藤川.jpg

 続く4区は進化するベテラン 岡本直己。

藤川の力走を受け、さらに順位を上げていきます。

最長区間22.4kmを、区間2位という素晴らしい走りで、

チーム順位を12位まで上げました。

2019NY_4区:岡本.jpg

 強豪が揃う5区を任されたのは、松井智靖。

勢いそのままに、なんとかここで一桁順位まで上げたいところ。

チームの想いを胸に、力強い走りで9位まで順位を上げました。

2019NY_5区:松井.jpg

 続く6区は、兼実省伍。

今シーズンは駅伝フル出場で任された、今回の6区。

チーム順位をひとつ落とす結果となりましたが、なんとか食らいつきアンカーへ。

2019NY_6区:兼実.jpg

 アンカーを任されたのは、清谷匠。

目標の8位入賞まであと2人。前方SUBARUを捕らえ、

続くカネボウも抜きたいところ。しかし最後まで並走状態は続き、

ゴール前の接戦へ。あと一歩、入賞には届きませんでした。

2019NY_7区:清谷.jpg

 新チームで挑んだ今回のニューイヤー駅伝。

結果を真摯に受け止め、また新たにチーム一丸となって精進していきます。

たくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。

2019_ニューイヤー(集合写真).jpg

第57回中国実業団対抗駅伝競走大会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年11月22日

 2018年11月11日(日)せら文化センター(広島県世羅町)を発着点とする,

第57回中国実業団対抗駅伝競走大会が開催され,当社チームが参加しました。

 この大会は来年2019年元旦に開催される,全日本実業団対抗駅伝競走大会の予選も兼ねており,

出場権3枠をかけて,全8チームがしのぎを削ります。

 スタート時の気温は8度。

最高のコンディションでレースがスタートします。

 1区を任されたのは,昨年同様清谷選手。

2区のインターナショナル区間に外国人選手がいない当チームとしては,ここでタイム差をつけたいところ。

しかし,今回は少し走りが後手を踏むかたちとなり,マツダの延藤選手に先行され、

19秒差の2位で2区へたすきをつなぎます。

20181111_中実駅伝(1区:清谷).jpg

 2区のインターナショナル区間を任されたのは,藤川選手。

外国人選手を起用してくる3チームに対抗しなければならない,当チームにとっては前半の勝負区間。

1区を1位で通過したマツダが2区でも1位を独走。2位でたすきを受けた当チームですが,

3位の中電工アモス選手があっという間に追いつき、追い越されます。

そんな中,藤川選手は冷静に対応し,期待に応える走りで前方との差を最低限にとどめ,

全体順位3位の28秒差で3区へ。

20181111_中実駅伝(2区:藤川).jpg

 3区松井選手は,先頭を逃げ切るマツダのエース山本(憲)選手から離されまいと

終始前を追いかける我慢のレースに。前方中電工と28秒あった差をぐんぐん縮め,

最終的には8秒の差をつけ,2位に浮上。1位マツダと65秒差で4区へたすきをつなぎます。

20181111_中実駅伝(3区:松井).jpg

 4区森本選手では,流れに乗って前方との差を縮めていきたいところでしたが,

後方から迫ってきた中電工 西岡選手に抜かれ,厳しいレースに。

しかし,今できる精一杯の走りをみせ,5区へとしっかりたすきをつなぎました。

20181111_中実駅伝(4区:森本).jpg

 先頭マツダと94秒差,2位中電工と9秒差でたすきを受けた5区,兼実選手。

中国実業団駅伝初出場ながら,持ち味の粘りある走りで2位へ浮上。

先頭マツダと92秒差の2位で6区へたすきをつなぎます。 

20181111_中実駅伝(5区:兼実).jpg

 最長区間の6区を任されたのは,チームの大黒柱,岡本選手。

一気にタイム差を縮めたいところでしたが,中間地点までなかなか詰まらず,我慢の展開に。

しかし,さすがチームの大黒柱。後半5km,向かい風の中追い込みをかけ,

前方マツダとの差をぐんぐん縮めて38秒差でアンカー北選手へたすきをつなぎます。

20181111_中実駅伝(6区:岡本).jpg

 「最後に勝ちきれる選手を」を求めてアンカーには北選手を起用。

6区同様,逃げるマツダが前半から攻めた走りをしたため,なかなか差が縮まりません。

残り5kmを過ぎてもまだ30秒前後の差。残り3km,あきらめず追い続ける北選手が一気に差を詰めていきます。

残り1kmで10秒差。応援する全員が北選手にすべてをかけましたが,

最後8秒届かず2位となりました。

20181111_中実駅伝(7区:北).jpg

 今回は非常に悔しい結果となりましたが,ニューイヤー駅伝の出場権は獲得できたので

のこり1か月と少し,さらに状態をあげ,磨きをかけて本戦に臨みたいと思います。

 ご声援いただき,ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

《成績》

 1位 マツダ  4時間04分10秒
 2位 中国電力 4時間04分18秒
 3位 中電工  4時間06分35秒

 ★区間賞

 6区(19km):岡本 直己(中国電力) 56分25秒 ※区間新
 7区(12.5km):北 魁道(中国電力) 37分40秒

第57回中国実業団対抗駅伝競走大会(速報)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年11月11日

 本日2018年11月11日(日)広島市世羅町にて、第57回中国実業団対抗駅伝競走大会が開催されました。

この大会は1月1日に行われる、ニューイヤー駅伝の予選会も兼ねた大会です。

全8チームが出場し、当チームは惜しくも2位となりました。

ニューイヤー駅伝の切符は手にすることができましたので、

また本戦に向けて頑張っていきます。

ご声援いただき、ありがとうございました。

(※詳細は後日掲載いたします。)

20181111_中実駅伝(組合集合写真).jpg

2018 広島県実業団駅伝(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年10月25日

 20181021()岡山県笠岡市にて、広島県実業団駅伝大会が開催され、

当社チームからは8年ぶりに2チームが出場しました。

 当日は、駅伝1部に出場し、6区間43.82kmを全47チームで競います。

20101021_県実駅伝(旗).jpg

 レース展開はAチーム1区の清谷選手が先頭と8秒差の3位で2区の松井選手にたすきをつなぎます。

2区では、7チーム中4チームが外国人選手を起用する中、松井選手が一度は先頭を走りますが、

凄まじい追い上げをしてきた中電工の外国人選手に抜かれ、先頭と4秒差の2位で3区の藤川選手にたすきをつなぎます。

続く3区では、藤川選手が前方のチームを抜き、先頭に。

しかし、残り1kmでマツダの外国人選手に抜かれ、3秒差の2位で4区岡本選手にたすきをつなぎます。

20181021_県実駅伝(3区藤川).jpg

(写真:3区を走る藤川選手)

4区の岡本選手は、たすきを受け取るなり先頭にたちますが、その後並走状態でレースはしばらく動かず。

しかしそこはエースの力を発揮し、最終的には後続マツダと25秒差の1位で5区渡邉選手にたすきをつなぎます。

20181021_県実駅伝(4区岡本).jpg

(写真:4区を走る岡本選手)

5区の渡邉選手はしばらく先頭を走りますが、残り800mでマツダに抜かれ、

13秒差の2位でアンカー北選手にたすきをつなぎます。

6区アンカーの北選手はスタートダッシュを切りましたが、前方との差がなかなか縮まらず、

ラストまで勝負の行方はわからない展開に。

しかし、先にゴールのある競技場へ入ってきたのは北選手。

後続マツダと約20秒差の1位でゴールし、4年ぶりの優勝を決めました。

20181021_県実駅伝(6区北).jpg

(写真:Aチーム6区の北選手)



 Bチームは力及ばず7位に終わりました。



 今大会では、毎区間で先頭が入れ替わる激闘を制しての優勝で、

勝つことの難しさとうれしさを同時に感じることができた大会となりました。



1111()には中国実業団駅伝(ニューイヤー駅伝予選会)を控えています。

まずは本選出場権を獲得すること、そして今年こそは優勝できるようチーム一丸となってがんばっていきます。



ご声援いただき、ありがとうございました。

20181021_043356221_iOS.jpg

----------------------------------------------------------------

○総合成績

優勝 中国電力A  2時間0552秒  ※大会新
2位 マツダA   2時間0609秒  ※大会新
3位 中電工    2時間0820秒  

7位  中国電力B  2時間1554

○区間賞

4 岡本 直己  2501秒  ※大会新
6 北 魁道   1525秒  ※大会新

広島県実業団駅伝(速報)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年10月21日

 2018年10月21日(日)岡山県笠岡市にて、広島県実業団駅伝が開催され、

当社からは8大会ぶりに2チームが出場しました。

Aチームは激戦を制し、4年ぶりに優勝、

Bチームは7位となりました。

詳細は後日更新致します。

ご声援いただきまして、ありがとうございました。

20181021_県実駅伝(全体集合写真).jpg

第3回 中国実業団記録会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年10月11日

 9月29日(土)三次市にて中国実業団記録会が開催され,当社陸上競技部から8名が参加しました。

ご声援いただき,ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------
■成績

 10000m

 1位 二岡 康平  (中電工)   29分12秒00
 2位 吉元 真司  (黒崎播磨)  29分17秒63
 3位 芝田 俊作  (大阪府警)  29分20秒63

 38位 渡邉 心  (中国電力)  30分14秒94


 5000m

 1位 藤川 拓也  (中国電力)  13分55秒73
 2位 アモスクルガト(中電工)   13分56秒36
 3位 監物 稔浩  (NTT西日本) 14分03秒56

 10位 清谷 匠  (中国電力)  14分21秒09
 14位 石川 拓也 (中国電力)  14分29秒57
 19位 藤森 憲秀 (中国電力)  14分33秒03
 29位 佐藤 孝哉 (中国電力)  14分46秒96
 30位 秋山 雄飛 (中国電力)  14分47秒15
 43位 ポールカマイシ(中国電力) 14分57秒76 

全日本実業団選手権(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年10月11日

 9月22日(土),23日(日)大阪府にて全日本実業団選手権が開催され、当社陸上競技部から3名が出場しました。

ご声援いただき,ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------
■成績

 10000m

 1位 ジョエル・ムァゥラ  (黒崎播磨)   27分45秒31
 2位 ニコラス・コシンベイ (トヨタ自動車) 27分49秒49
 3位 マチャリアディラング (愛知製鋼)   27分50秒03

 20位 松井 智靖     (中国電力)   29分16秒71 ※日本人 8位

 5000m

 1位 ジョナサンディグ   (日立物流)  13分20秒70
 2位 リチャードキムニャン (日立物流)  13分24秒71
 3位 レダマウェズレイ   (SUBARU)  13分26秒35

 17位 岡本 直己     (中国電力)  13分54秒93 ※日本人 8位
 66位 北 魁道      (中国電力)  14分44秒41

日体大記録会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年10月11日

 9月22日(土),神奈川県にて日体大記録会が開催され,当社陸上競技部からは3名が出場しました。

ご声援いただき,ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------
■成績

 10000m 13

  1位 加藤 淳 (駒沢大学) 291787
  
2位 鴇澤 駿介 (埼玉医科大学AC 292862
  
3位 下 史典 (駒沢大学) 293148

 位 渡邉 心 (中国電力) 294086

 
 
10000m 14

  1位 ベナードコエチ (九電工) 281663
  
2位 ブヌカジェームスナディア(駿河台大学) 282485
  
3位 窪田 忍 (トヨタ自動車)     283565

  6位 藤川 拓也 (中国電力) 285106
  
42位 森本 卓司 (中国電力) 305863

第2回 中国実業団記録会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2018年10月11日

 9月15日(土)三次市にて、第2回中国実業団記録会が開催され、当社陸上競技部からは8名が参加しました。

ご声援いただきまして、ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------
■成績

 1位 ジョエル・ムァゥラ (黒崎播磨) 13分41秒11
 2位 チャールズ・ニジオカ(黒崎播磨) 14分01秒35
 3位 吉元 真司     (黒崎播磨) 14分07秒91

 30位 渡邉 心     (中国電力) 14分30秒30
 46位 森本 卓司    (中国電力) 14分36秒27
 54位 石川 卓哉    (中国電力) 14分38秒66
 56位 藤森 憲秀    (中国電力) 14分40秒19
 75位 山崎 亮平    (中国電力) 14分51秒15
 102位 佐藤 孝哉    (中国電力) 15分11秒73
 155位 富田 就斗    (中国電力) 15分54秒13

       

選手紹介

ランナーズ・ブログ