陸上競技部 陸上競技部

2017年1月アーカイブ

天皇杯 第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2017年1月23日

 1月22日(日)広島県広島市にて,「天皇杯 第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」が開催され,
当社陸上競技部の選手が出場しました。
 ご声援いただき,ありがとうございました。

【総合成績】

順 位 チーム名 記 録
1位 長野県 2時間19分09秒
2位 福岡県 2時間19分28秒
3位 愛知県 2時間20分31秒
4位 京都府 2時間20分37秒
5位 静岡県 2時間20分51秒
6位 群馬県 2時間21分03秒
7位 東京都 2時間21分18秒
8位 新潟県 2時間21分29秒
26位 広島県 2時間23分02秒
27位 岡山県 2時間23分12秒
32位 山口県 2時間24分37秒
34位 鳥取県 2時間25分01秒
39位 島根県 2時間25分53秒

【個人成績】

区 間 選手名 記 録 区間順位 通過順位
3区(8.5km) 山崎 亮平(鳥取県) 25分18秒 31位 34位

第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(大会結果)

  • [ 大会結果 ]
  • 2017年1月17日

 1月1日(祝)群馬県前橋市にて,「第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会」が開催され,

当社陸上競技部の選手が出場しました。

 1区山崎選手は終始先頭集団でレースを進め,先頭と6秒差の8位と順調なスタートを切りましたが,2区カマイシ選手は

本来の走りではなく,19位まで順位を落としてしまいました。

3区岡本選手はベテランらしい走りで,2つ順位を上げると,4区米澤選手も初めての最長区間ながら4つ順位を上げました。

5区の清谷選手も入賞を目指して前を追いかけ9位まで順位を上げると,6区藤川選手は順位を下げるものの,入賞ラインの

8位と7秒差としました。

7区松井選手は初のニューイヤー駅伝でしたが,積極的な走りで8位集団を引っ張りました。

最後のスパートで離され,8位入賞まで5秒差の9位でしたが,最後まで諦めない粘りの走りをしました。

入賞まであと一歩でしたが,来年は上位争いできるよう,スタッフ・選手一同,精進していたいと思います。

 ご声援いただき,ありがとうございました。

【総合成績】

順 位 チーム名 記 録
1位 旭化成 4時間49分55秒
2位 トヨタ自動車 4時間51分02秒
3位 トヨタ自動車九州 4時間52分18秒
4位 MHPS 4時間52分23秒
5位 コニカミノルタ 4時間52分26秒
6位 富士通 4時間52分50秒
7位 DeNA 4時間53分27秒
8位 日清食品グループ 4時間53分52秒
9位 中国電力 4時間53分57秒

【個人成績】

区 間 距 離 選 手 名 記 録 区間順位 通過順位 備 考
1区 12.3km 山崎 亮平 35分21秒 8位 8位
2区 8.3km ポール カマイシ 23分21秒 24位 19位
3区 13.6km 岡本 直己 39分01秒 9位 17位
4区 22.0km 米澤 類 1時間04分12秒 10位 13位
5区 15.8km 清谷 匠 48分12秒 11位 9位
6区 12.5km 藤川 拓也 37分20秒 6位 10位
7区 15.5km 松井 智靖 46分30秒 4位 9位